Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かたらぬ

かたらぬ

「母さんは 怒らないから」
花を上げぬ人はそう言った

かの世の人達には
怒りよりも 
寂しと悲しさが
ぴたりとはり付いていて
生者が香をたむけ花を捧げ 
その人に真心を供した
明かりが灯る時だけ
静かにほほ笑む事が出来る事を
知らないのだろう

かたらぬ言葉
発せない口

言葉は生きるものの世界であり
静かにそこに佇むんでいる事しかできない人たちが
何をかたれると言うのだろう

かたらぬ

欲望と享楽だけに埋没し
やがて自らも やがてはかたらぬ人になる事を
みな 忘れすぎている

やり場のない
寂寞と無機だけが
累々とこの国に積もってゆく




選挙一コマ

選挙一コマ

この日も 投票所への道は
いたって 曲がりくねっていたらしい

数十年昔 飛ぶ鳥を落とすような勢いで
発展し 栄えたこの国は 
今では 毎日が迷路のようになってしまっている

本当は 誰を信じていいのか
分からないと言うのが
本音らしいけれど
ー「誰に入れたら いいかねえ」ー
そんな話がこそこそと
街角のあちこちで囁かれた7月11日

”審判”という言葉には程遠い 暗い道で
突然 変わってしまった風景に 
恐れを抱いて少しだけ 古巣に戻ろうとした人々を
えらい人達は みな
庶民が愚かだと責任転嫁した初夏

今日は 以前とは違うグループの人に
女神が微笑んで
どうせ なにも変わらないと思いつつも
何かが変わる事を 少しだけ希望する 盂蘭盆の風が吹いた









静かなる爪痕

静かなる爪痕

甘ったるい暑さの中
耳元で囁く白い鳴き声に
そっと 薄目を開ける

けだるさと まだ満ちたりぬ眠りのはざまで
小さな丸い顔をそっと撫でてやるが
あまり気乗りしないしっぽは
左右にゆれ 

きびすを返しては戻る 
ルビー色の瞳の真意は 
交わらない言葉に隔てられて
欲求を満たすことができないらしい

それでも 満足しない欲望を成就しようと
繰り返し なんども柔らかい声を発するけれど
私の意識は 次第に薄められてゆく

気がつかないことで
白い心につけたささやかな傷の復讐が
静かな爪痕になってゆく

朝の目覚めに滲みるひとすじの痛み

恨みの痕跡は1ミリの真一文字
夜明けの額にそっと刻まれていた


 
 

睡魔

睡魔

ゆるやかに 私の中の体温が上がるたび
蓄積された記憶が 遥か昔に戻ってゆく

思い出せなかったような過去の断片が
数枚の写真のように
目の前に浮かんでは消え
それは やがて
つぎはぎのオブジェに変わってゆく

どことなくリアルな風景の
淡い色彩も どぎつい彩色も
心の中で奇妙な調和をかもしだし 
やがて 壮大なジオラマとなって
音もなく屹立する

その壁を 越えようとする意識さえ遠のいて
気がつけば、わたしは風景の中の登場人物になっていた

魔法使いは 毎晩枕辺に立ち
人間の過去の美味しいところだけを喰らい尽くすらしい
今夜も もう彼の送り込んだ使い魔に心を奪われて
まぶたが重くなってきた

夕闇に月はかかっているのだろうか

そんなことを考えながらも
電源を落とす手は既に幽かに動いているだけだ

日常だらけ

日常だらけ

中央線でちらりと見かけた
浴衣姿のお嬢さんが
夏祭りが どこかであることを
知らせているだけだった

サンダル履きの中年女性
ジュースとスナックをほおばる
サッカー少年

子供たちは夏休みだと言うのに
どことなく
楽しげな風情も感じられず
雑然とした賑わいも感じなかった

学生の頃 
東京はあくせくした街だった
目を吊り上げて何かに追い立てられるように
みなが 右往左往していた

夜の街はギラギラと輝き
昼の街は華やかな色彩であふれていた
そんな頃があったのだ

今夜がことのほか蒸し暑いと言うわけでは
ないのだろうけれど
プラットホームの照明も
欠伸をかみ殺したような色だった

車内には喋り声一つ聞こえず
携帯を凝視する顔か
ねむそうに俯く
顔.顔.顔


けだるいと言う風でもなく
欲望を捨て去ったふうでもなく
なのに 色あせている
それとも 街が
ただ 年老いたというだけなのだろうか

何かが病み
何かが淀む
まとわりつくような湿気
7月最後の夜暮の風景が
日常だらけで疲れている

Extra

プロフィール

堀口雪文

Author:堀口雪文
FC2ブログへようこそ!

こねこ時計 ver.2

Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。